Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
アメーバブログにちゃんとしたもの書くことにしました。
http://ameblo.jp/keibakko/
こちらを読んでいただけると嬉しいです。
<< 卒論 改訂 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
卒論 α1
金八先生における「声の共同体」。

第5シリーズ(98-99)
はじめて文化祭でソーラン節を取り入れる。
このシリーズでは、お年寄りの人たちとの交流シーンが多く見受けられ、はじめは、3Bとの衝突もあった。
金八シリーズでは、文化祭をきっかけにして、クラスが統一し始めるが、今回の場合、外部の人間(お年寄り)との壁が突き破られるように描かれている。
「声の共同体」は、階級差をなくして、1つのファミリー(漠然なニホンを長とする)を生み出す特徴があるが、このことを少しではあるが描いている。

第6シリーズ(01-02)
ソーラン節を3Bの伝統として、文化祭に取り入れ成功。クラスの団結心が高まる。
ここでは、現在の3B、過去の3Bとの壁が取り払われる仕組みになっている。
さらに、このシリーズで「声に出して読みたい日本語」が使われる。
性同一性障害を告白し、不登校になる鶴本直(上戸彩)の元へ、金八があらわれ「今、クラスで使っている本だ」といって、「声に出して〜」を直に渡す。
その後、3Bの生徒が直の家に訪れる。直の母は、直が生徒に会うことを拒んでいると説明し、生徒たちは直に会えない。しかし、直が見えない部屋から「声に出して〜」に収録されている、高村光太郎「道程」の一節が直の声によって流れてくる。その声を聞いて、3Bの生徒は笑顔になる。
ここでも、現実では、3B外の環境におかれている直が、3Bの一員として心が統一されている様が描かれている。

第6シリーズ(04-05)
このシリーズが一番顕著に出ている。
今までで最悪の3Bとして描かれる3Bの生徒たち。
このシリーズでは、ことば遣いが問題とされ、金八を適当にあしらったりする生徒に出会い、金八は今までにない苦戦を強いられる。
しかし、またもやここで文化祭=ソーラン節がクラス団結のきっかけとなる。金八に、「ソーラン節」で一位になったら、私の負けだ、でも君たちには不可能なことだ、と挑発され、挑発にのった3B生徒。
打倒金八の目標を持って、3B生徒はソーラン節を踊る。
そして、文化祭当日。
ここでのソーラン節の描き方がすごい。
いつの間にか、観客であるはずの保護者、地元の住民、お年寄り、先生、他のクラスの生徒までリズムにのって踊り出す。
ここには、今までのシリーズのように、生徒−観客、ソーラン節を見る−見られるの関係はすでになく、階級、年齢等、全てを打ち払って一体となった「声の共同体」が出来上がっている。
文化祭後、金八は「私の負けです」と頭をさげる。
それに対する3B生徒の反応が、また「声の共同体」を見事に表している。
「踊っているうちに、打倒金八とか、そんなことはどうでもよくなったよ」
打倒金八のために団結した3Bが、いつの間にか、打倒金八ではなく、団結している様が描かれる。
さらにすごいのは最終回。
第6シリーズから最終回にソーラン節を踊るようになっているのだが、今回のシリーズはさらにすごい。
覚せい剤使用で、学校に行けなくなった3Bの生徒しゅう。彼の審判は卒業式当日にきまる。
3B生徒はみんな、卒業式にしゅうが出席できることを信じ、署名活動を行う。
そして、卒業式にしゅうと一緒にソーラン節を踊ることを企画。
卒業式に向けて3B全員がソーラン節のもう特訓を行う。
ソーラン節のメロディにあわせて特訓する3B。留置所(?)らしきところで、1人で練習するしゅう。お互いが見えないところで、メロディ、リズムにあわせて特訓する様は、また3Bが統一している様を見事に描いている。
さらに、このシリーズでも、日本語朗読のシーンが出てくる。

全てのシリーズに共通し、またシリーズを増すごとに影響が強くなっているのが、「声の共同体」の存在である。
バラバラなクラスを統一するためのソーラン節。さらに、統一した姿を示す意味での最後のソーラン節。
学校の機能低下が騒がれ続ける中、金八は、常にそれに対応し、「声の共同体」によって、ユートピアなるものを描こうとする。
| 卒論 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:01 | - | - |









http://guro2.jugem.cc/trackback/190